療養費早期現金化サービスとは?

アトラ株式会社のアトラ請求サービスをご利用されるお客様に、提出した療養費支給申請書(レセプト)の
療養費請求額を参考にアトラファナイナンス株式会社から融資するサービスです。
※返戻があった場合、返戻金額を通知し、各融資のいずれかの時点で、療養費請求額から予め当該返戻金額を差し引いて融資額を決定します。

01

請求代行手数料0円

一般のアトラ請求サービス会員様には、柔整1.5%、鍼灸・あん摩・マッサージ2.0%の請求代行手数料が発生しますが、療養費早期現金化サービスをご利用になる会員様については、この代行手数料が無料※になります。

※融資残高に対する利息は別途発生いたします。

アトラ請求サービスのご利用費用(療養費早期現金化サービスを利用する場合)

入会時にかかる費用は以下の通りです。

入会金 無料
請求ソフト 無料
請求ソフト用パソコン インターネット接続環境のあるパソコンをご準備ください。
セキュリティキー 50,000円+税/個
※請求をあげる施術者ごとに必要です。

ご入会後にかかる費用

入会後に請求した場合の1ヶ月分費用
療養費請求代行
月額手数料
柔整:施術費の1.5% / 鍼灸・あん摩:施術費の2.0% → 無料
※療養費早期現金化サービス契約者の内、本サービスを利用する院のみが対象となります。(利用しない院は通常の代行手数料が発生します。)
請求ソフト 月額使用料 無料
サーバー利用料(請求データ保管料) 5,000円+税 → 無料
※療養費早期現金化サービス契約者の内、本サービスを利用する院のみが対象となります。(利用しない院は通常のサーバー利用料が発生します。)
療養費早期現金化サービス利用(利息)額 月利1.20%/月30日ベース(年利14.60%)
※融資残高×年利14.60%÷12ヶ月=1ヶ月の利息額
※アトラファイナンス株式会社へ支払
用紙を購入する際に必要な費用
療養費支給申請書 施術録 2,500円+税/500枚
4,000円+税/1,000枚

02

面倒な返済業務は不要

療養費早期現金化サービスによる借入金の返済は、アトラ請求サービスに入金される保険者からの入金を、アトラ請求サービスが会員様に代わってアトラファイナンス株式会社へ返済するため、会員様自ら返済の処理をしていただく必要はございません。

療養費支給申請書の提出がない場合等は、利息及び返戻金額相当額を振り込みしていただく場合もございます。

03

余裕をもった療養費支給申請書の作成が可能

アトラ請求サービス会員だけが利用できる請求代行ソフト「A-COMS」なら、申請書の作成が簡単!さらに療養費早期現金化サービスを利用した場合、療養費支給申請書の提出期限が毎月10 日18 時になるため、月末月初に余裕をもって療養費支給申請書の作成ができます。

※申請書は原則提出月の翌月内に保険者に提出します。

04

請求額に基づく融資

原則、アトラ請求サービスに毎月提出される療養費支給申請書を根拠とし、提出月の末日にアトラファイナンス株式会社から融資が行われます。また、毎月の融資額の根拠や手数料の詳細などを明細にしてお渡しします。

※返戻等が発生した場合、請求額から差し引かれた金額が融資対象額となります。

05

貸金業法に基づいた貸付

療養費早期現金化サービスは、一般的にいわれているファクタリングや立替払いではなく、事業資金を目的とした、療養費支給申請書の金額を根拠とする貸金業法にかかる貸付です。当社は、貸金業法に基づいて大阪府知事の登録を受けた貸金業登録会社であり、大阪府監督のもとに貸付業務を行っています。また、当社は、日本貸金業協会※にも加入しております。

※日本貸金業協会は、貸金業者が内閣総理大臣の認可を受けて設立した法人(認可法人)です。貸金業者の業務の適正な運営を確保し、もって貸金業の健全な発展と資金重要者等の利益の保護を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的とした機関です。

06

「アトラ請求サービス」会員限定の特典が受けられる

詳しくはこちらをクリック!!!

院経営のお悩みに「療養費早期現金化サービス」

アトラ請求サービス会員の方 直接お問合せください。06-6575-9682

アトラ請求サービス会員でない方 お申込みはコチラ

よくあるご質問

院開業後、保険者からの入金があるまで運転資金が心配です。

それなら療養費早期現金化サービス。
療養費支給申請書を提出した20日後に、申請書の請求額に対して、融資されるため、開業後の運転資金は安心です。

※返戻等が発生した場合、請求額から差引かれます。

毎月のランニングコストもできるだけ抑えたい!

だったら療養費早期現金化サービス。
他団体でも同様のサービスはありますが、アトラの療養費早期現金化サービスは、請求代行手数料が無料になりランニングコストを抑えることができます。

分院を出したいけど、現在の保険者入金サイクルでは難しいかも…

ずばり療養費早期現金化サービス。
毎月提出される療養費支給申請書の請求額に基づいた金額が融資されるため、保険者の入金サイクルに左右されない、中長期的な経営計画が立てられます。

院経営のお悩みに「療養費早期現金化サービス」

アトラ請求サービス会員の方 直接お問合せください。06-6575-9682

アトラ請求サービス会員でない方 お申込みはコチラ

ご契約内容など

契約内容

  • ・極度額貸付契約
  • ・ご返済方式 自由返済
  • ・ご返済金額 利息と随意の元金
  • ・返済期間及び返済回数

 仮定に基づく返済金額の合計額1,536,000円。
 当該仮定 元本150万円を30日毎3回の均等分割で支払いを行った
 場合1回目元利518千円、2回目元利512千円、3回目元利506千円を返済。

※ご利用内容により異なります。

※中途での一括返済可能です。(お客様からのお振り込みとなります)

※ご利用可能枠の範囲内で繰り返し借入をされた場合は、
利用残高が変動するため返済期間・返済回数も変動いたします。

ご融資利率 年率 14.60%(月利1.20%/30日ベース)
遅延損害金 年率 14.60%
担保 不要
連帯保証人 不要(ただし法人の場合、代表者様1名)

必要書類(借入には審査が必要です。)

法人のお客様

  • ・代表者様の運転免許証又は運転経歴証明書
    (お持ちでない方はパスポート、健康保険証等)
  • ・決算書写し(2期分)※2期分ない場合は直近1期分
  • ・事業等計画書
  • ・商業登記簿謄本
  • ・銀行通帳の写し(事業用で法人名義のもので見開き1ページ目)
  • ・印鑑証明書(法人・代表者いずれも発行日より3ヶ月以内のもの)
  • ・代表者様の住民票(代表者様分、発行日より3ヶ月以内発行のもの)

※別途、弊社が指定する資料をご提出頂く場合があります。

個人事業主のお客様

  • ・代表者様の運転免許証又は運転経歴証明書
    (お持ちでない方はパスポート、健康保険証等)
  • ・確定申告書
    (最新のもの・税務署印もしくは税理士印付きのもの)の写し(直近1期分)
  • ・事業等計画書
  • ・銀行通帳の写し(代表者様個人名義のもので見開き1ページ目)
  • ・代表者様の住民票(代表者様分、発行日より3ヶ月以内発行のもの)
  • ・印鑑証明書(代表者様分、発行日より3ヶ月以内発行のもの)

※別途、弊社が指定する資料をご提出頂く場合があります。

貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

院経営のお悩みに「療養費早期現金化サービス」

アトラ請求サービス会員の方 直接お問合せください。06-6575-9682

アトラ請求サービス会員でない方 お申込みはコチラ